Jun 20,2018

家の味

180620nao002.jpg

今さらではありますが、最近つくづく「日本のごはんと味噌汁って最高」と思っています。
以前紹介した『子どもに食べさせたいすこやかごはん』(→ BLOG )も
きっかけのひとつになったかもしれません。
娘の部活にあわせて朝6時前に朝食を準備するという毎日のなかで
わたしの準備時間のなさと、起き抜けの娘の食欲のなさの両方を救ってくれる
最強メニューがごはんと味噌汁。卵焼きを焼く時間もないときは
味噌汁と、昆布と梅を入れたおにぎり2個を並べておくと、寝ぼけ眼の娘もペロリ。
冷凍庫には手製のパン(→ BLOG )のストックもあるのですが
近ごろわたしも梅雨だる(→ BLOG )なのか、朝の体調が冴えない、
ヨガをやってみてももう一つ、なんて日もあり、そんなときはパン食より、
ごはんと納豆、味噌汁の朝食のほうが体にスイッチを入れる役として即効性がある気がします。
というわけで、夜寝る前に昆布と干し椎茸と煮干しと水を容器に入れ、
冷蔵庫で一晩かけてだしをとるのを習慣化。
これがあればすぐに味噌汁がつくれるし、ちょっとだけだしを使いたいときも便利です。
おいしいだしパックもありますが、最近は家でそのつどとるだしがまろやかでおいしく感じて
夫もまるきり同じことを言います。まぁ毎日三食同じものを食べているので
家族の味覚ってこうしてつくられていくのかもしれないなぁなんて思ったり。

180620nao001.jpg

日曜日の父の日は、母からの助言で、父の好物のプリンをつくって持っていきました。
抱えて食べるという大人の夢をかなえるべく、あえて大きなホーロー容器にドドンと。
もうモノで欲しいものもそうはないだろうし、こうして感謝を伝えるのも
お互いにとって気持ちがいいかたちかもしれません。
実家に行く前にわりと大きな地震があって、夕飯のバーベキューをみんなで囲みながら
「最近地震が多いし、気をつけないとね」と話していた矢先に
月曜日の関西の地震のニュースを見て青ざめました。
大阪にはたくさんの読者の方がいて、昨年も京都と大阪のイベントでお会いしたばかりです。
すごく心配していたら、何人かの方から無事の知らせが届きました。
余震で落ち着かないなか、ありがとうございます。

この国のどんな場所でも不安はつきまといますが、
備えて、ちゃんと食べて寝て体力をつけて、生き抜きたいものです。

  • Facebook
Author : Nao Ogawa