小川奈緒 小川奈緒

小川奈緒

編集者、文筆家。1972年東京都生まれ。出版社勤務を経て、2001年よりフリーランスに。現在はエッセイと、インタビューやライフスタイル記事の執筆のほか、書籍やカタログ、雑誌、ウェブサイトの編集などを手がける。趣味は家飲みとパンづくり、お菓子づくりに庭いじり。好物は海老とシャンパンと焼菓子とコーヒー。好きな時間は土曜日の朝。旅番組を見ながら海外旅行気分に浸るひととき。

→ BLOG

小池高弘 小池高弘

小池高弘

イラストレーター、ライター。1970年愛知県生まれ。出版社、広告制作会社、調理人などを経験した後フリーランスに。現在はイラストレーターとして雑誌やCDジャケット、Tシャツなどのイラストを手がけ、個展やウェブサイトで作品を発表している。またライターとしても雑誌のインタビュー記事などを中心に執筆を行う。好きなものはギネスビールとカセットテープ。オリーブオイルとニンニクを使ったスピード料理が得意。

→ BLOG

tabletalk3.jpg

sketch 1, 2

『Table Talk』以来4年ぶりに制作した、エッセイ&イラスト作品集。日々の暮らしのなかの小さな気づき、家族が暮らす面白さとむずかしさ。誰にとっても身近な題材をスケッチするように綴った文章と、心がふとほぐれるような絵の世界。さらに、対談やカルチャーコラムなどの読み物まで盛り込んだ、小さいけれどぎゅっと濃い2冊。各¥1620(税別)

→ 購入はこちらから



tabletalk4.jpg

おしゃれと人生。

あの人はなぜ素敵なのか? 生き方、働き方、人として女性として放つオーラで同性からの憧れと共感を集める50代〜80代の女性10人。エッセイスト、園芸家、料理家、児童文学作家、衣装デザイナー、カフェ店主にファッションモデル......年令を重ねてなお第一線での活躍をつづける彼女たちが「私らしいおしゃれ」にたどり着くまでを、美しい写真と印象的な言葉で鮮やかに描き出すドキュメンタリー。¥1600(税別)

→購入はこちらから



tabletalk2.jpg

家がおしえてくれること

家の数だけ出会う物語。私たちの家を含めた10軒の家と家族のライフストーリーを、写真・イラストとともに綴ったルポエッセイです。「家を見れば人がわかる」、そんな視点でそれぞれの家の魅力を読み進めるうちに、自分でも取り入れられるインテリアや暮らし、家づくりのヒントがきっと見つかります。¥1500(税別)

→ 購入はこちらから

Nao Ogawa Nao Ogawa

Nao Ogawa

Nao Ogawa was born in Tokyo, Japan in 1972. She graduated from Waseda University, School of Literature I in 1994. She began her career at a publishing company as a magazine editor, and then turned freelance editor in 2001.
She loves: Shrimp salad, Whole wheat walnut scone, Cheese cake of café GOTO in Waseda, California Chardonnay, California Zinfandel, Pike Place Blend, Mariage Frères' Marco Polo, Little house on the Prairie, In Watermelon Sugar, Yasujiro Ozu, Haruki Murakami, Junzo Shono, Kuniko Mukouda, Kazuo Dan, Paul Auster, John Irving, The Goodbye Girl, John and Mary, What's Eating Gilbert Grape, Monty Python, Mia Farrow in the late 1960's, Katharine Hepburn, Éric Rohmer, Woody Allen, BONO, Jeff Tweedy, Paul Simon, Tamori.

→ BLOG

Takahiro Koike Takahiro Koike

Takahiro Koike

Takahiro Koike was born in Nagoya, Aichi in 1970. He graduated from Nihon University, College of Humanities and Sciences in 1993. He had worked at a publishing company, an advertising agency, a cafe as a cook, and then turned freelance writer around 2005, also started to draw as his lifework. He now is eagerly pursuing a career in illustration field.
He loves: Wilco, Fender Stratocaster, Pike Place Market, Bon Iver, Smithsonian Folkways, Saul Steinberg, City Lights Books, Cameron Crowe, Great American Music Hall, Maxell XLⅡ-S 90, Mike Disfarmer, David Byrne, Paul Simon, My Morning Jacket, Seattle Center Experience Music Project, Mountain Music, Les Aventuriers, San Francisco Cable Car Museum, Woody Guthrie, Tombow MONO100 3B, Tom&Jerry, Jonathan Richman, Fish&Chips with Vinegar , California Stars.

→ BLOG

tabletalk3.jpg

sketch 1, 2

『Table Talk』以来4年ぶりに制作した、エッセイ&イラスト作品集。日々の暮らしのなかの小さな気づき、家族が暮らす面白さとむずかしさ。誰にとっても身近な題材をスケッチするように綴った文章と、心がふとほぐれるような絵の世界。さらに、対談やカルチャーコラムなどの読み物まで盛り込んだ、小さいけれどぎゅっと濃い2冊。各¥1620(税別)

→ 購入はこちらから



tabletalk4.jpg

おしゃれと人生。

あの人はなぜ素敵なのか? 生き方、働き方、人として女性として放つオーラで同性からの憧れと共感を集める50代〜80代の女性10人。エッセイスト、園芸家、料理家、児童文学作家、衣装デザイナー、カフェ店主にファッションモデル......年令を重ねてなお第一線での活躍をつづける彼女たちが「私らしいおしゃれ」にたどり着くまでを、美しい写真と印象的な言葉で鮮やかに描き出すドキュメンタリー。¥1600(税別)

→購入はこちらから



tabletalk2.jpg

家がおしえてくれること

家の数だけ出会う物語。私たちの家を含めた10軒の家と家族のライフストーリーを、写真・イラストとともに綴ったルポエッセイです。「家を見れば人がわかる」、そんな視点でそれぞれの家の魅力を読み進めるうちに、自分でも取り入れられるインテリアや暮らし、家づくりのヒントがきっと見つかります。¥1500(税別)

→ 購入はこちらから



Table Talk BOOK

Table Talk

ささやかだけれど忘れたくないできごと。ふと心に浮かんだ思い出や風景。毎日テーブルで繰り広げられる気ままなおしゃべりのように、妻のエッセイと夫のイラストを交互に、軽快なテンポで綴ります。写真家の岡本真菜子さんが撮り下ろした付録ページつき。500部限定出版。※販売終了

→ 詳しい内容はこちらから