Feb 20,2018

Pen 手塚治虫の仕事。

pen_tezuka001.jpg
現在発売中の『Pen』は、生誕90周年になる手塚治虫の大特集です。縁のあるクリエイターや手塚プロ社長のインタビュー、最後の仕事場の取材と執筆を担当しました。

pen_tezuka002.jpg
新座にある手塚スタジオを撮影したのは、あの篠山紀信さん。篠山さんとは初めてお仕事をさせていただきましたが、感覚の鋭さと仕事の速さには本当に衝撃を受けました。西日が差し込む一瞬を狙って、激写! 仕事場の机や筆記具は当時のまま。カリカリとペンを走らせる手塚治虫さんの姿が蘇ります。

pen_tezuka003.jpg
さらに息子と娘たちがアトリエに集まって撮影。手塚プロに関わる長男の眞(まこと)さんと長女るみ子さんはメディアにたびたび登場されますが、次女の千以子(ちいこ)さんとその息子さん(治虫さんの孫)の存在は貴重です。現場で瞬時にこの構図とアングルを作り出したのは、篠山さんです。偉大な漫画家の部屋でその家族と、ジョン・レノンや山口百恵を撮影したカメラマンの巨匠と一緒にいる。そのあまりにも濃密な瞬間に身震いしました。

pen_tezuka004.jpg
撮影後は3人で父、手塚治虫を語ります。その座談会の司会を僕が担当しました。

pen_tezuka005.jpg
事前に質問を送るために資料やマンガ作品を集め、手塚ファミリーのそれぞれの思いを拾い集めました。想像を絶する多忙な父と、その帰りを待つ家族。3人が生まれ育ったのは、威勢の良い編集者やアニメーターが昼夜問わず集まる、富士見台の仕事場兼自宅でした。

pen_tezuka006.jpg
徹底的に調べたおかげで、3人3様の面白エピソードや作品の思いなどを、じっくりと兄妹で語っていただきました。息子や娘たちは漫画家の道に進むことはなく、眞さんは映像、るみ子さんは音楽やイベント、千以子さんは演劇の道へ。父がこよなく愛し、マンガに生かしてきた芸術や文化を見事に分かち合ったところが、とても素敵だなぁと思いました。

そして3人が語る言葉の端々に「モノを作る」「クリエイトする」ことのヒントが凝縮されています。偉大な先輩たちに囲まれた緊張感のある仕事でしたが、お会いしてみればとても優しく穏やかな方たちばかり。今年最初の仕事でしたがハードルが上がれば上がるほど、仕事の満足感は大きいものです。『Pen 手塚治虫の仕事』は、現在発売中です!

  • Facebook
Author : Takahiro Koike