『sketch 1』に収録のエッセイ「店に置きかえてみるスイッチ」の挿画として描いた一枚。「いつ訪れても心が落ち着く店を観察することで、自分の中の価値観を見つめ直すことができる」という話を書きました。その文章に添えたのは、実際に私たち夫婦が定期的に訪れている大好きな喫茶店の風景です。使い込まれた家具に、素朴な焼き菓子の匂い、店員と客の関係は親しすぎず、素っ気なくもない、ちょうどいい距離感。カウンターの向こうでコーヒーを入れる店主は、そこにいるだけでみんなが安心するような、控えめだけれどたしかな存在感があります。
 原画では、壁にぎっしり貼りめぐらされたポストカードを一枚一枚淡く着色しました。そのやさしい色合いが、この店の温かみを象徴的に伝える役をしています。

→SHOP『sketch』

flame size:302mm×241mm
flame color:white wood
art material:watercolor,ink

¥SOLD
この商品について問い合わせる

購入をご希望の場合は、上記ボタンをクリック後、「お名前」「住所」「ご連絡先」「購入を希望される商品名」をメールフォームよりご連絡ください。 折り返し当方からお返事させていただきます。

  • Facebook
cozy
cozy
cozy
cozy
cozy
cozy
cozy
cozy
  • cozy
  • cozy
  • cozy
  • cozy
  • cozy
  • cozy
  • cozy
  • cozy