Jan 27,2013

思いやりメニュー

130127nao002.jpg

〆切をたくさん抱えた週末、昨日は娘を実家に預けて仕事部屋にこもらせてもらいました。
娘はそのままお泊まりすることになっていたので
私たちは夜までしっかり働かせてもらい、夕食の支度も食べるのもいつもより遅めに。
夕方無理矢理仕事を切り上げずに働けることのありがたさ、贅沢さをこういう日は感じます。

130127nao001.jpg

夕食は、夫が娘を実家に送って行った帰りに市場で買ってきた魚を食べました。
夫は舌平目のムニエルを、私はカジキのパン粉焼きを担当。
私が歯列矯正を始めて以来、夫は私の顔を見るたびに
あれは食べられるんじゃないか、これは食べやすいんじゃないかという話ばかりして
本人よりよっぽど " 歯列矯正中メニュー開発 "に熱心です。
「3年間も好きなものが好きなように食べられないなんて自分だったら悲しすぎる」からだそうで
舌平目やカジキも「ふわっとしていて食べやすい」という理由で買ってきてくれたのでした。
同じ理由で、最近はポテサラもいつもよりやわらかくゆでて作ってくれます。

思いやりメニューで元気をもらい、両親や娘のおかげで仕事にも没頭させてもらい、
今日もこれから作業に集中して、早く娘に会いに行けるようにがんばります。


  • Facebook
Author : Nao Ogawa