Jan 10,2013

歯の矯正

P1091302.jpg

今年から歯の矯正をすることになりました。
実は驚くべきことに、私の口の中には昨日まで一本だけ抜けずに残っていた乳歯があったのです。
その乳歯のおかげで本来生えてくるべき永久歯が歯茎に眠ったままで
それによって一部噛み合わせが悪いところがあるまま40歳になってしまったのでした。

乳歯が一本残っている上に永久歯が埋伏しているという事実は
20歳くらいの頃、親知らずを抜くために歯医者さんでレントゲンを撮ったときにわかりました。
それ以来、虫歯治療や検診などで歯医者さんにいくたびにその話が出てはいたのですが
乳歯がしっかり元気だったのと、私のようなケースは矯正でもちょっと複雑なものになるよと
どんな歯医者さんも言うので、なかなか決心がつかなかったのです。
でもとうとうその乳歯も寿命がきたのか次第に色が悪くなってきたため
お正月に家族にも相談して、思いきって歯列矯正に踏み切ることにしました。

昨日、なんと40年間も現役で働いてくれた最後の乳歯を抜き、
次回からブラケットを装着するための準備をあれこれやってもらいました。
これまでも友人や仕事仲間で矯正をする人は身近に何人もいましたが
いざやる身になってみると、精神的にも肉体的にも人生レベルの大きな体験になりそうな予感。

矯正期間は、眠っていた永久歯がどう出てくるかによって、短くて2年、長くて3年かかる予定。
その間はもちろんいろいろ不便や制約もありますが、終わったときは確実に
この20年間ずーっと心のどこかに引っかかっていた悩みから解放されるのですから
今は大きな一歩を踏み出したという清々しさも、どこかで感じています。

  • Facebook
Author : Nao Ogawa