Apr 30,2014

水やり道具

140430nao001.jpg

私の仕事部屋の出窓の外に、小さめの鉢を6個置いています。
この子たち(いつの間にか育てている植物をそう呼びたくなってきました)に水やりをするには
仕事机によじのぼり、柵の間からそっと注ぐようにあげなくてはいけません。
ホースで一気に散水できる庭よりちょっと面倒な場所で(それでもここに緑を置きたい)、
つい後回しにしたらうっかりあげそびれてしまった...なんて日もありました。

ここの水やりをもっとラクチンに習慣化できないかなぁと思っていたら
ちょうどいい水差しを、無印良品で見つけました。
注ぎ口が長いので遠くの鉢にも届くし、水の出方もほどよくデリケートで
鉢の土が跳ねたり、あふれたりすることがありません。

実はこれを見つける前しばらくの間、月兎印の琺瑯のポットで水やりをしていて
水が入る量と形は気に入っていたのですが、やはり注ぎ口の長さが足りないのが不便でした。
この水差しは、まさにあのポットの注ぎ口だけをひゅーっと細く伸ばした感じ。
コーヒーをドリップする気分で行う水やり、なかなか楽しいです。

  • Facebook