Feb 25,2015

メルボルン旅日記 1

150225nao002.jpg

メルボルン旅行から元気に戻ってきました。
今回の旅は、初めて訪れる土地なのに現地滞在が正味5日間半という短さなので
「のんびり」なんて言葉は誰の辞書にもなく(笑)、行きたい場所とやりたいことだらけ。
にもかかわらず事前に下調べをする余裕がなかったせいもあり
なんとなく気持ちがそわそわしたまま滞在初日がスタートしました。
まずは朝ごはんを食べながら予定を立てようと、クイーン・ビクトリア・マーケットへ。

150225nao003.jpg

市場内の店で買ったサンドイッチとコーヒーが、いきなり、びっくりするほどおいしい!
とくに目がけて行った店でもないのにこのクオリティ......とうなっていたら
すぐそばでストリートライブがスタート。いい気分で、ぐっとテンションが上がります。

150225nao004.jpg

滞在中の夕食は原則として自炊にしようと決めていたので
オーガニック食材売り場の充実ぶりなどをしっかりチェックして回りました。

150225nao005.jpg

一旦市場を後にしてトラムに乗り......

150225nao011.jpg

街の中心部、CBD(セントラル・ビジネス・ディストリクト)へやってきました。

150225nao007.jpg

ここにはメルボルンを象徴する狭い路地裏のアーケードがあります。

150225nao010.jpg

立ち並ぶ店はカフェだけでなく、雑貨屋さんやおもちゃ屋さん、チョコレート屋さんなど
歩いているだけで「異国に来た!」という気分に浸れる場所です。

150225nao009.jpg

2年ほど前にメルボルンを旅した友人から薦められた店はしっかりチェック。
ここはその1軒で、小さな店なのにいつも混んでいました。
滞在後半にキッシュを買って食べたら、たしかに美味しかった!

150225nao008.jpg

可愛い本屋さんを発見。娘がまるで吸い寄せられるように入って行きます。

1502205nao006.jpg

そろそろお昼どき。午後は中心部から離れてみようと、またトラムに乗って......

150225nao019.jpg

フィッツロイという街へやってきました。
東京にたとえると、中心部が銀座や丸の内だとすれば、ここは代官山や中目黒のような場所。
アーティストっぽい風貌の人々が行き交い、おしゃれで自由な空気を醸し出しています。

150225nao013.jpg

ランチはベトナム料理であっさりと。この店なんとなくよさそう、
という勘だけを頼りに入っても、まずハズレないことにまたびっくり。
美味しい報告は明日以降もつづきますが、
いきなり結論を言ってしまうと、メルボルンはひたすら美味しい街でした!

150225nao012.jpg

基本的にカジュアルなお店ばかり入っていたとはいえ
お店のスタッフもみなフレンドリーで、小さなこども連れでも気兼ねなく食事を楽しめます。

150215nao015.jpg

食後はフィッツロイエリアの目抜き通り、スミス・ストリートをぶらぶらと。
どのエリアにも素敵な本屋さんがあるのは私たち家族にはうれしい限り。

150225nao014.jpg

ヴィンテージの家具屋さんもあるし......

150225nao020.jpg

オーガニックスーパーもそこここに。店員さんもお客さんも皆おしゃれでイキイキしてて
地に足の着いたエコライフを送っている様子が伺えました。
私はこうしたお店でナチュラルコスメをチェックするのが楽しみでした。

150215nao016.jpg

旅につきものの、夫のレコ屋時間がやってきたので......

150225nao001.jpg

私たちは近くのカフェでお茶休憩することに。
待ち合わせした交差点に近いという理由で決めたここも、やはりおしゃれなカフェでした。
私はホットチャイ、娘はアイスティー、一緒にブラウニーをつついたのですが
お茶もスイーツも予想以上に美味しくてまた感激!

150225nao018.jpg

帰りがけにこれまた美味しそうなパン屋さんを見つけ、ホテルの部屋で食べるパンを購入。

150215nao021.jpg

夕食はホテルの部屋で、買ったばかりのパンと、ほうれんそうとマッシュルームのサラダ、
グリルソーセージ、新鮮なフルーツ、そしてもちろん、南オーストラリアのワインで乾杯。
窓の外は明るいけれど、時間はもう8時近いのです。

ホテルでの料理は、オリーブオイルと塩とバルサミコ酢を買い、
滞在中その調味料だけで通しましたが、
素材ひとつひとつが新鮮で味がくっきりしているせいか、
まったく飽きることがありませんでした。

今回の旅の思い出ブログは、備忘録も兼ねて
こんなふうに1日ごとに振り返ってみようかと思います。
今日から数日間、どうぞお付き合いください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*3月7日(土)から〈メリーゴーランド京都〉でスタートする展示
「これからの本のかたちを探して」。
多数お申し込みをいただいている3月14日(土)&15日(日)のギャラリートークは
現在3月15日(日)16:00〜17:00の回のみ受付中です。
最終回につき、きっとリラックスした雰囲気のトークになりそう。
さすがに再々追加開催はありませんので(笑)どうぞお早めにお申し込みください。

●日時:3月15日(日)16:00〜17:00
●場所:メリーゴーランド京都(京都市下京区河原町通四条下ル市之町251-2 寿ビル5F)
●定員:20名
●参加費:1,500円

お申し込みはメリーゴーランド京都へ直接、
電話(075-352-5408)もしくはメール(mgr-kyoto@globe.ocn.ne.jp)でお願いします。

お申し込みの流れは、
①電話かメールでご連絡
②お名前、お電話番号、参加人数をお伝えいただく
③参加費のお振込(お振込いただいてお申し込み完了となります)
お振込先:郵便振込00830-6-134662 メリーゴーランド京都
※お申し込み完了後のキャンセル、ご返金はできませんのでご了承ください
(代わりの方の参加は可能です)。

  • Facebook
Author : Nao Ogawa