Aug 27,2015

庭主の気持ち

150827nao003.jpg

仕事がちょっと待ち状態になった一昨日、お天気は曇りで涼しく、翌日からは雨との予報。
こんなタイミングはめったにないと、午後はずっと庭の掃除をしていました。
西側の通路は雑草が伸び放題でしたが、わざわざ行かないと目に入らないからと
夏じゅう目をつぶっていた場所。まずはそこの草を無心になって抜くこと1時間あまり。
その後は庭の表の部分の雑草取り、熊手で植木の根本や芝生をせっせとかいて枯れ草集め。
あっという間に特大サイズのビニール袋が、取り除いた草や葉でいっぱいになりました。

夕方、きれいになった庭を夫に自慢していると、
隣のおじいさんの自家菜園から声が聞こえて、塀越しに穫れたてのナスをもらいました。
おじいさんも「今日は涼しいし、明日から雨だし、やっとかないと」。
庭の主が考えることは、みな同じのようです。

150827nao002.jpg

翌日、予報通り朝から降り続く雨を縁側から眺めながら
「やっぱり昨日やっておいてよかった」と思いました。
きっと隣のおじいさんも同じことを思っていたでしょう。

日の差さない、肌寒いくらいの天気では、軒下の朝顔の紫がより際立って見えました。
まだまだ花を咲かせながらも種をつけはじめたところもあるので、
それを収穫して来年もぜったいに植えようと思います。
水やりしているだけでこんなに長い間楽しませてくれるなんて、この朝顔たちには
「ありがとう」「おつかれさま」「来年もよろしくね」と声をかけるつもりです。

  • Facebook
Author : Nao Ogawa