Mar 23,2018

smoke books

smokebooks001.jpg
smoke books 千葉・みのり台店は、仕事がひと段落すると家族でよく訪れるお店です。

smokebooks002.jpg
お店のオープンは2009年ですが、昨年現在の場所へ移転しました。なんと言っても、お店が広い! しかも和洋新旧問わず、絵本の充実度がすごい!

smokebooks010.jpg
スペースを最大限に生かし、写真集や美術書などの大型本も整然と並びます。分厚い背表紙を眺めながら、快適にじっくり吟味できる心地よさは、smoke booksならではの楽しみ方です。


smokebooks003.jpg
店を営むのは北澤孝裕さんと友子さんご夫妻。さまざまな書店で経験を積んだ独自のセレクトが光ります。(この日はイベント出店のためにお二人は不在)店内のBGMはレジ脇のプレーヤーから流れるLPレコード! 温かで穏やかな曲が適度な音量で流れる気持ちよさが、僕はとても好きです。


smokebooks004.jpg
古書店ではありますが、話題の新刊本も並んでいます。

smokebooks005.jpg
棚の下には僕らの本も。(ありがとうございます!)

smokebooks006.jpg
店頭にはデザインに造詣の深い、孝裕さん(僕と同じ名前)オススメのレアなポスターや、知り合いのクリエイターが制作したという蓄音機付きの自転車が。(実際に音も鳴るのだそう)

smokebooks009.jpg
店内中央には、子どもたちが遊べるくつろぎのスペース。友子さんは名古屋出身でしかも同世代。絵本に詳しくイベントにも力を入れています。以前、お話し会に参加したのですが、手遊びで子どもたちのハートをいとも簡単につかんでいたのは驚きました。(幼稚園に通う娘さんが、お手伝いをしているのも微笑ましかった)

smokebooks014.JPG
お店で配布する『えほんのともvol.6』には、友子さんのおすすめ本が数多く紹介されていますが、

smokebooks013.JPG
僕らの『心地よさのありか』にもうれしい推薦文が。(ありがとうございまっす!)


smokebooks008.jpg
古書以外にも雑貨や文具、レコードなどがあり、隅々までチェックせずに帰ることはできません!


smokebooks007.jpg
気取らず、見やすく探しやすく、ここまで広々としたセレクト古書店は、かなり貴重な存在だと思います。現在改装中の清澄白河店の本もをこちらに並んでいるため、書棚は2店舗分で見応え十分。僕も奥さんも娘も、それぞれ気に入った本を見つけ手に入れることができました。


smokebooks011.jpg
子どもも大人も同じ熱量で、本を探すことだけに集中できる、そんなゆったりとした古書店です。今週末25日(日)11:00より、春のおはなし会が開催されます。予約は不要、当日参加OKです。お時間のある方はぜひ!→ smokebooks

  • Facebook
Author : Takahiro Koike