Aug 28,2018

あの本のこの言葉

kurashinote34_01.JPG
人気サイト「北欧暮らしの道具店」が発行するリトルプレス『暮らしノオトVol.34』に収録の「あの本のこの言葉」で、本にまつわるエッセイを書いています。2回目の連載で僕が選んだ本は・・・

kurashinote34_02.JPG
「『病の神様』横尾忠則の超・病気克服術」です。僕は子どもの頃から胃腸が弱く、毎年のように風邪を引き、大人になれば腰痛持ち。たまに頭痛。自分はそういう人間だと思い込んでいました。

この本はよくある闘病記とは一線を画していて、意外にも横尾さんが虚弱体質で、さまざまな病気で入退院を繰り返してきたというのに、どこまでもポジティブで明るいのです。ご本人にお会いした時「関西人にはラテンの血が流れていますから」と、まるで子どものようにニコニコと話してくれました。僕が選んだ文中の言葉は「芸術も健康も勇気である」。まさしくその通り!

kurashinote34_03.JPG
小さな文庫本サイズですが、僕にとっては大きなお守りのような一冊です。

  • Facebook
Author : Takahiro Koike