Oct 12,2018

くるり Live in 中野サンプラザ

qururi1009_01.jpg
中野サンプラザは上京してすぐ1990年に、ライ・クーダーとデヴィッド・リンドレーのライブを観た場所です。その2年後にはニルヴァーナとルー・リードを観た思い出深い場所。新宿厚生年金会館やNHKホールと並んで観やすく音の良いホールとして知られています。僕と娘の初くるりの会場としては、申し分なし!

qururi1009_02.jpg
管絃楽団を含め総勢12名で演奏された新作『songline』。しかもアルバムの曲順通りに再現されることで、各パートの演奏が鮮やかに刻み込まれ、新曲をより身近に感じることができました。(座ってじっくりと聴けたのも、音に集中できて素晴らしかったなぁ)

そして後半は娘が大好きな『chili pepper japones』『さよならリグレット』、奥さんが生演奏の迫力に唸り、美しさに震えた『Liberty&Gravity』『ブレーメン』、そして僕は『太陽のブルース』と『虹』の「六地蔵」に感激&涙。最後は総立ちで『ロックンロール』♪ 

これほどまでにさまざまな景色や記憶が蘇りながら、明日からもまたやっていけそうな気持ちになるバンドはほかにありません。(ゴリゴリでもなくユルユルでもなく、ちょうどいい岸田くんのギターも心地よし!)

qururi1009_03.jpg
家族でコンサートに行けることはとっても幸せなことで、僕が目指していた夢でもありました。終演後の余韻があまりにもよく、帰路に着く間もずっと、家に帰っても、寝るまでずっと、翌朝起きてもまだ音楽が鳴り響いていました。



もうじきメジャーデビュー20年なのだそう。いつまでも大学生のようなバンドの自由な雰囲気が僕は大好きです。それでは音楽の力を肌で感じられるような、麗しい週末を!

  • Facebook
Author : Takahiro Koike