Oct 11,2018

『メルボルン案内 たとえば、こんな歩きかた』発売!

melbourne_guide001.jpg

いよいよ本日よりわたしの最新刊が全国書店にて発売になります。
『メルボルン案内 たとえば、こんな歩きかた』(パイ インターナショナル)


melbourne_guide006.jpg

家族旅行で2015年にメルボルンを訪れ(→ BLOG )、この街にすっかり魅了されて
たくさんのインスピレーションをもらった話はこのブログでもたびたび綴ってきました。
個人的な愛着だけでなく、近年とくに注目されているカフェ文化や美食とワイン、
エコ&オーガニックの先進地でもあるこの街を
写真家の安彦幸枝さんといっしょに歩き、いいなと心が動いた風景を
文章と写真で記録した旅エッセイ&街ガイド。

melbourne_guide007.jpg

わたしはメルボルン在住者ではないので、本をつくるうえで意識したのは、
「旅人としてこの街をどう歩くか」という視点と、旅の臨場感です。
また街ガイドとしての機能は押さえつつも「じっくり読める旅の本」にしたい、
そして読者の方といっしょに街を歩き、人とふれあい、その時間を通して
街を知っていくような本にしたいということを考えながらつくりました。

melbourne_guide008.jpg

受験勉強以来かも......と感じた、頭から湯気が出る(家族談)ほど入念な下調べと、
メルボルン生まれ&育ちのリーヨンさんという強力なコーディネーターさんに
助けていただきながら(→ BLOG
結果、自分の興味の対象に深く踏み込んだ取材を行えたと思います。

melbourne_guide009.jpg
melbourne_guide010.jpg

文章とあわせて安彦さんの美しい写真もたっぷりご堪能ください。
パラパラとめくるだけでも、メルボルンの気持ちよさが伝わってくるはずです。

melbourne_guide011.jpg

こぢんまりとした範囲に、街も海もカルチャーも自然も凝縮されたメルボルン。
カルチャー系男子がポートランドを目指すなら、ライフスタイル系女子はメルボルンへ!
そんなふうに次の旅先として間違いなく「来る」、
もしくはもう「来てる」と感じている方も多いはず。

実際にわたしも、この本をつくりながらメルボルン愛がさらにふくらみ、
冬休みの家族旅行で再訪することに決めました(チケットも手配済み)!

今後ブログでもちょこちょこと本の制作の裏話をお伝えしていこうと思いますが
まずはさっそく今日から、書店で探してみてくださいね。

『メルボルン案内 たとえば、こんな歩きかた』
小川奈緒・文  安彦幸枝・写真
(パイ インターナショナル)

  • Facebook
Author : Nao Ogawa