Feb 27,2019

しあわせなメルボルン報告

190228nao001.jpg

『メルボルン案内 たとえば、こんな歩きかた』の発売以来、
本とともにメルボルンを旅してきました、というご報告のメールを何通かいただきましたが
最近届いたメールが、長文ですがとても読みやすく、
メルボルンの第一印象がイキイキと綴られた素敵な内容だったので、
ご本人の承諾を得てご紹介させていただきます。

「こんにちは。
奈緒さんの本が最高のガイドになり、
メルボルン滞在はとても楽しくて美味しい、幸せな時間でいっぱいの旅になりました!

今回のメルボルン行きは、恋人が仕事で6日間メルボルンに滞在することになり、
『相手できないけど、来る?』『行く!』と、急遽決まったものでした。
彼は仕事優先なので、朝だけ一緒に過ごして、その後はほとんどひとりで街歩きをしてました。

ビクトリアマーケットのすぐ近くのアパートメントホテルに泊まっていたので、
営業日には毎日遊びに行って、
Seven Seeds Coffee、Market Lane Coffee、Patricia Coffee、St Aliなどの
美味しいコーヒー屋さん巡りをしたり、
美術館、ACMI、図書館や植物園に行ったり。とにかくのんびりしてました。

朝早く出かけて、今日は何をしようかな?と街をブラブラ歩いて、
夕方くらいにホテルに戻って、休憩して、買ったものを調理したり、
彼が帰って来れたら一緒に外食したり。

私は英語が全然できないのですが、治安も良いし、街の人が優しいし、
歩いているだけで楽しいので、
ひとりでも充分満足できる時間を過ごすことができました。
メルボルンの街が大好きになりすぎて、もう部屋の窓から景色を眺めてるだけで幸せで。
予定が流動的でも、どんなふうにでも楽しめる街。日常の続きのような、贅沢な旅。

そうそう。ギリシャ料理のTsindosに行ったら、
お店のウィンドウに奈緒さんの本が飾ってありました。
ワインもお料理も(特にチーズ!)美味しいし、お姉さんがとっても可愛かったです。

恋人と食事できる機会は少なかったのですが、
奈緒さんの紹介してくれるお店のハズレのなさにふたりで歓喜。
彼は「著者が他に紹介している国の本はない?
この人が薦めるところに行きたい」と言ってました(笑)。

そんな中で後悔といえば、アレコレ食べたかったのですが
お腹が限界で食べられなかったメニューや行けなかったお店があること、
サウスメルボルンマーケットに帰国する前日に行ったので、調理するものを買えなかったこと......
生パスタやディップなど、ビクトリアマーケットとはまた違う美味しそうなものがたくさんで。
あぁ、早くまた再訪したいです!

繰り返しになっちゃうのですが、こんなに楽しめたのは奈緒さんの本の存在が大きいです。
これからも奈緒さんとご家族の発信する情報を楽しみに参考にさせていただきます!」

いかがでしたか?
わたし自身はこれまでに家族と、あとは女性同士でメルボルンを旅しており、
これまでいただいたご報告も、同じく子連れのご家族や、ご夫婦での旅行、
または現地の友人を訪ねての一人旅というものでしたが、
恋人と行き、忙しい彼と昼間は別行動だったという女性のメルボルン街歩きのご報告からは
初訪問でも1人ぶらぶら歩くだけで芯から満たされたご様子がよく伝わってきました。
素敵なメールを、ありがとうございました。

......さて、そんな流れで突然ですが、わたくし3月9、10日と大阪へ行きます。出張の目的は
ルクア大阪で2日間行われるメルボルンのカフェカルチャーを紹介するイベントの応援!
トークなどの詳細は近日中また追ってお伝えさせてください。
いずれにしてもメルボルンのカフェ界を引っ張る豪華スターの方々のコーヒーを体験できる
貴重なチャンスですから、大阪の読者のみなさんにはぜひ遊びにきていただけたらうれしいです!

それで、これはいい機会かもと遅ればせながらinstagramを始めました
(イベントレポートをするのに便利そうなので)。
それに今年は出張が多くなりそうで、出先でブログができないときは
そちらから情報発信もできたらいいかも......と威勢だけよくて
昨日から始めた投稿もまごまごしている状態ですが、
そちらもフォローしていただけたらうれしいです。→ @nao_tabletalk

  • Facebook
Author : Nao Ogawa