Apr 04,2019

贈り鍋

190404nao001.jpg

先月のホワイトデーに、夫が鉄のフライパンをプレゼントしてくれました(右から2つ目)。
鉄のフライパンに関しては、新婚当初に一度挫折して、
ずっと憧れがありながらも再挑戦できずにここまできましたが、
少し前からわたしが再び欲しがっていることを知った夫が
いろいろ調べた結果、初心者でも扱いやすいというVitacraftのものを買ってくれたのです。
それから約3週間、毎日使って、いい具合に油もなじんで使いやすくなってきたところ。
テフロン加工の寿命と買い替えサイクルの短さについては、
エコ意識の面からモヤモヤする感じが常にあったので、
これを機に鉄のフライパンを使いこなせるようになったらいいなと思っています。

そういえば、現在愛用するフライパンや鍋は他にも
夫がプレゼントしてくれたものが多いことに気づきました。
夫自身が料理をするせいもあると思うけれど、
STAUBや卵焼き器には夫はまず手を出さないし、
わたしが日々台所で気分よく過ごせるよう願う(祈る?)夫の心理が
そのまま「鍋を贈る」という行動に表れるのかもしれませんね。

さて、今日まで続いた春休みのお弁当作りも、
娘が毎日「なめたの?」というくらいに空っぽになったお弁当箱を
「おいしかったぁ!」と流しに持ってきてくれることに気をよくしながら
なんとか任務を完了できて一安心。
普段より忙しかった気さえする春休みがようやく終わって、
明日からの新学期は気分的には余裕で迎えられそうです。

  • Facebook
Author : Nao Ogawa