Jun 26,2014

定番おもてなし料理

pie002.jpg

おもてなしの日に私がよくつくる定番メニューをおしえてほしいと
読者の方からリクエストをいただきました(遅くなってしまってごめんなさい!)。
というわけで今日は、お客さまがある日にも普段の食事にもたびたび登場する我が家の定番、
シェファーズパイの(かなりざっくりですが)作りかたをご紹介したいと思います。

シェファーズパイは、挽肉とマッシュポテトを重ねてオーブンで焼いたイギリスの家庭料理。
材料は、上層のマッシュポテト用のじゃがいも、牛乳、バター、
その下に敷くための挽肉(本来はラム肉ですが我が家は豚肉か合い挽きです)とたまねぎ、
風味づけのオレガノ。にんじんやセロリを刻んで入れて変化をつけることもあります。
さくさくの焼き目をつけるためのパン粉ととろけるチーズ。

分量はつくる量に応じて適当に...なのですが、
4人分でじゃがいもは4〜5個、バター大さじ2、牛乳1カップ半。
挽肉は400g、たまねぎ大1個、程度でしょうか。
マッシュポテトは好みのやわらかさを探りながらバターと牛乳の量を加減します。

1.じゃがいもの皮をむいてスライスし、水から茹でてつぶせるやわらかさになったら水気を飛ばす。
2.アツアツのうちにバターを投入し、混ぜながら溶かす。そこに牛乳と塩を適量入れて、
バーミックスでガーッと撹拌、これでマッシュポテトが完成。
3.じゃがいもを茹でている間にたまねぎと他の野菜をみじん切り、サラダ油で炒める。
4.野菜がしんなりしたら挽肉を加えて炒め、塩、こしょう、オレガノで味をつける。
5. 大きめの耐熱皿の底に4を広げ、その上に2のマッシュポテトを重ねて広げ、
パン粉、チーズの順で表面に散らす。
6.オーブンやトースターで焼き目をつける。
私は電子レンジのグリル機能を活用していて、約20分でちょうどこんがり仕上がります。

...これでシェファーズパイの完成です。
おもてなしの日は、5までを事前に作っておき、前菜を出している間にオーブンで焼きます。
するとちょうどメイン料理として焼きたてアツアツの大皿をテーブルにドン!と出せるわけです。
材料からお察しの通り、味はコロッケみたいな感じなので、大人もこどもも大喜び。
サーバースプーンでゲストのお皿に取り分け、残りはおかわり自由にすると、
うれしくなるほどあっという間になくなりますよ。

メニューの決めかた、家の準備、当日の進行がスムーズになるポイントなど、
私がたどりついたおもてなしルールについては秋に出す新しいエッセイでじっくり書きました。
草稿を読んだ夫からも「すごく具体的で面白い!」との太鼓判をもらいましたので(笑)
ぜひそちらも楽しみにしていてくださいね。

  • Facebook
Author : Nao Ogawa