Jul 28,2014

ジャムのおみやげ

140728nao001.jpg

おみやげにジャムをもらうのがとても嬉しくて、なぜこんなに嬉しいのか、考えてみました。
まず、姿かたちが小ぶりで、色がきれい。おいしそうな重さがある。ラベルのデザインが可愛い。
次の日の朝ごはんが楽しみになる。最初のひとさじをすくって食べるときの胸のときめき。
果物のあたらしい美味しさがある。作り手によって味の表現が違う。......と、素敵な理由が次々と。
だから私自身もよくプチギフトとしてジャムを贈ります。

これは、先日取材にいらした、人気ウェブショップ〈北欧、暮らしの道具店〉
スタッフの方からいただいたおみやげです。
新しくスタートしたフードブランド〈KURASHI&Trips〉のルバーブのジャム。
キルシュの風味とすっきりとした甘さが上品なジャムでした。小さな手帳風のパンフレットも可愛い。

140725nao011jpg.jpg

仕事で浅草方面に行ったので、帰りに暑い中てくてくと歩いて〈ペリカン〉でパンを買ってきました。
ときどきしか行きませんが、ひさしぶりに食べるたびにおいしくてびっくりします。
つくづく私は、翌日の朝が楽しみになるものを
買ったり、いただいたり、つくったりすることが好きなようです。

〈北欧、暮らしの道具店〉で私の暮らしを取材していただいた記事が
今週から5日間連載で紹介されます。「コンディションをととのえて暮らす」という切り口で
現在の私の毎日と、ここに至るまで、そしてこれから目指す道を取材していただきました。
かなりじっくりと読み応えのある内容となっていますので、どうぞご覧ください!
〈北欧、暮らしの道具店〉

  • Facebook