Jan 19,2016

分けっこ

160119nao001.jpg

同市内のギリギリ「地元」と言えるか言えないかという場所に
全国的に有名な人気のパン屋さんがあり、
ときどき行列覚悟で出かけて(そしてたいていは行列して)は
どっさり買い込んでくることがあります。
味はさることながら種類の多さも魅力なので、
その店では基本的に1個ずつ何種類ものパンを買ってきて、それぞれを切り分けて
家族一人一人ができるだけいろんな種類の味を試せるようにします。
ある日の夫婦のコーヒーブレイクは、そのパン屋さんで買ったドーナツを4分の1ずつ、
いただきもののレモンケーキを半分ずつ、
おみやげでもらった一口サイズのお茶菓子を1個ずつ。

160119nao002.jpg

ドーナツの残り半分は、娘が学校から帰ってきたらまっしぐらのおやつに。

160119nao003.jpg

ただしこれでは見るからに中途半端でクレーム必至なので
キャンディやチョコレートを1つ2つ加えてお皿をにぎやかします。
たいてい何かしら在庫がありますが、それもないときは
簡単なドロップクッキーを娘と一緒につくることもあります。
自分でつくると楽しいし美味しいし、「なければつくる」という発想が
自然に身についていくといいなと思っています。

そして、もう一つ娘に学んでほしい大事なことは、「分けっこ」の楽しさ。
一人っ子のせいか、「分けること」にすぐ難色を示す傾向があり(主に食べ物)、
つい先日の日曜日もそのことで厳しく叱ったばかり。
家族全員の楽しみである『サザエさん』の時間が急遽お叱り&反省会に取って代わられ、
一話も満足に見られませんでした。トホホ。

  • Facebook
Author : Nao Ogawa