Apr 18,2016

備えのとき

160418nao001.jpg

九州地方で今、不安な日々を過ごされている方々に心よりお見舞い申し上げます。
私が暮らす地域には揺れが直接には伝わってこないものの
被害状況を伝えるニュースを見ながら東日本大震災の記憶が蘇り、
いたたまれない気持ちでここ数日を過ごしています。

160418nao002.jpg

東日本大震災を機に、いつどこで何が起こってもおかしくないと
災害時用の荷物をまとめていたつもりでしたが
今もし自分の身にこの事態が起きたら
本当にこの用意で大丈夫なのかと不安でいっぱいになりました。
ネットで情報収集したり、アウトドアショップへ出向いて
専門用品に詳しい店員さんからレクチャーを受けたりして
災害時の持ち出しバッグをもう一度作りなおすことにしました。

160418nao003.jpg

以前の災害時セットは、震災の日の記憶に追い立てられるように
一人で焦り気味につくったため、大変なうえに中身にも自信がありませんでしたが
今回は夫と意見交換をしながら一緒にやっていて
さらに災害の意味や怖さもわかりはじめた小学生の娘も参加してくれて、心強いです。
そのときになってみなくては正解がわからないことだらけではありますが
とにかくやれる備えはやっておこうという意識と、
現在の地球と日本の変動に向かい合う覚悟を、ここでもう一度かため直したいと思います。
でも何より今は、九州の地震が早く落ち着いて
人々が次の一歩を踏み出せる日が早く来ますように。

  • Facebook
Author : Nao Ogawa