May 26,2016

コーディネートの練習

160526nao004.jpg

エネルギ―全開の小学校生活を送る娘の通学服は、この先数ヶ月は短パン以外に考えられず
皮切りとしてつくった2枚(→ BLOG )と同じ型紙で、違う生地の3枚をつくり足しました。
左前裾のヨーヨーキルトはデザインポイントというだけでなく、
前後を判別しやすくする役も担っています。

160526nao001.jpg

Tシャツは、急成長中につき昨年着ていたものはほとんどサイズアウトしてしまい(泣)、
無印良品のパフスリーブTシャツを色違いで5枚買って、刺繍やワッペンを施しました。

160526nao003.jpg

つくってみてわかったのですが、形は一緒で色柄が違うトップスとボトムが
それぞれ5枚ずつ揃っているのは、娘が自分でコーディネートの練習をするのに最適でした
(グリーンのギンガムチェックのキュロットは洗濯中で写っていません)。
毎晩、翌日の組み合わせを自分で考えて
「ママー、このコーディネートどう?」と見せてくれるのですが
見るからにトンチンカンな組み合わせはなく、ほぼ一発OKです
(決定コーディネートは、サザエさんのカツオとワカメのようにきれいにたたんで枕元に)。
ときには私が考えつかなった組み合わせで、しかもなかなかいいじゃない!という日もあり
ちゃんとおしゃれの感覚を磨いているなぁと感じてうれしくなります。

こども服について決めているのは、
娘が着ている姿を私が見て可愛いと思える服であること、
娘本人も着てうれしいと思ってくれること。
その条件をクリアするために
刺繍やヨーヨーキルトはありがたいはたらきをしてくれています。
また、この夏服で気に入ってるのは
誰かと丸かぶりする心配はまずなく、もちろん結果的にとても安上がり。
そのうえ愛着は既製品の何倍も深く感じられて
とにかく私も娘もお互いハッピーに、この夏を過ごせそうです。


  • Facebook
Author : Nao Ogawa