Nov 28,2016

秋の終わりと『暮しの手帖 85号』

161124nao001.jpg

庭の、松と百日紅に挟まれた位置に地植えされたもみじが、
今年はハッとするほどきれいな紅葉を見せてくれました。
朝、まだ日が昇りきらない時間に、二階からふと目に入ったオレンジ色の姿を
思わず携帯のカメラで撮りたくなったほど。

161124nao002.jpg

昼前のコーヒーブレイクのときに縁側から見ると
日を浴びた色はもっときれいで、庭に出て、近くに寄って撮ってみました。
この木は、油断すると夏の害虫に悩まされるのですが
今年は春先からの予防の甲斐あって被害が少なかったので
このきれいな紅葉にはそんなことも影響してるのかな、なんて考えながら。

161128nao003.jpg

しかし前の写真から四日後、降雪の日をはさんだこともあって、週末は落ち葉がどっさり。
それを掃いて集めたら、木のほうは葉もまばらな寒々しい姿になりました。
もう秋は終わり、これから本格的な冬が始まるという合図のようです。

161128nao001.jpg

ところで、先週末に発売された『暮しの手帖 85号』も、冬の号です。
こちらの「窓辺のひと」というページに、わたしたちも載せていただいています。
窓辺に生まれる時間、窓から浮かび上がる暮らしの風景が8組紹介されていて
写真も文章もとても素敵な特集です。

161128nao002.jpg

ふと気づいたのですが、『暮しの手帖』はいつも、とくに冬の季節に
落ち着いた気分でじっくりと読んでいることが多い気がします。
家にいる時間が長かったり、家仕事が増えたりする時季だからでしょうか。
本のなかにはそんな状況や気分に寄りそう特集がいっぱいで、毎年わくわくします。
今号も、読みごたえたっぷりの内容です。ぜひご覧ください。

  • Facebook
Author : Nao Ogawa