Feb 16,2018

三茶 Memories

sancha001.jpg
三軒茶屋は20代の頃、10年ほど住んでいた街です。先日久しぶりに訪れたので取材前に界隈を散策。24時間営業の業務用お肉屋さんハナマサや屋上にあるバッティングセンター、何度も通った三軒茶屋シネマの看板をしかと確認。

sancha002.jpg
生ビールを飲んだり、花火を見たりして景色を楽しんだキャロットタワーの屋上へ。

sancha003.jpg
下北沢へ続く茶沢通り入口にある太子堂楽器店も健在。現在のリビングにある小さな白いピアノは、娘が生まれた時にこちらのお店で見つけたものです。

sancha004.jpg
246通りを渡り、栄通り商店街を進むと味わいのあるアーケード街が。

sancha005.jpg
上京して真っ先に向かったインディーズレコード店「フジヤマ」は開店前。じゃがたら 江戸アケミの「やっぱ自分の踊り方でおどればいいんだよ」看板と、新旧国内バンド名がびっしり書かれた物置も確認。

sancha006.jpg
フジヤマのある三叉路裏手の銭湯は、オープン前に地元おばちゃんたちの行列が。


sancha007.jpg
取材を終え日が落ちたので、すずらん通りへ向かいます。俳優の古田新太さんが常連の居酒屋は残念ながらなくなってしまいましたが、明るさは変わらず。

sancha008.jpg
戦後のドヤ街的な怪しさの残る三角地帯には、新しいおしゃれなお店もちらほら。かつて三茶は(互いに知り合う前に)僕も奥さんも住んでいた街で、ひょっとしたらどこかのお店や通りですれ違っていたのかもしれません。


sancha009.jpg
最後に太子堂商店街にある八百屋さん「おおくぼ」へ。奥さんと初めて知り合った時に、ここの同じ八百屋さんを使っていることですっかり意気投合しました。好みや共通の趣味がひとつでも多ければ多いほど、夫婦はいっそう仲良くなれるものなのです。



ポール・サイモンが、メチャかっこいい!と気づいたのも奥さんと同じ頃でした。それでは、週末も仲良くお過ごしください。

  • Facebook
Author : Takahiro Koike