Mar 28,2018

冬から春へ、第一歩

180328nao001.jpg

今週の週間予報を見て、ようやく湯たんぽをしまう決心がつきました。
この冬も約4ヶ月間に渡って毎晩、わたしと娘の布団を温め、
寒い夜にほんわりと暖かな寝床に滑り込む幸せを与え続けてくれた湯たんぽ。
この頼もしく愛しい存在に、わたしと娘は「ゆたぽん」の愛称をつけて親しみ
(同名の商品でレンジで温めるタイプのグッズがありますが、
それとはまったく無関係で、うちのはお湯を注ぎ入れる原始的なタイプです)、
我が家の冬はこの子たちなしには越せないと本気で思っているくらい、大切にしています。

毎年、湯たんぽをしまい、ムートンスリッパをしまい、ネックウォーマーをしまい、
最後はゴールデンウィークの頃にドキドキしながらガスファンヒーターを片付けて
ようやく我が家は冬から春へと切り替わります。
今週は天気予報を見るかぎりはずいぶん暖かいようで、桜も満開とのことですが
昨日も一昨日も仕事部屋にこもりきりのためピンときていません。
わたしだけでなく夫の仕事部屋にもまだ冬は居座っており、
昼前のブレイクタイムは二人して「うー、寒い寒い」と言いながら
暖を求めて縁側へと逃げ込み、熱いコーヒーをすすっています。

今日は打ち合わせでようやく外に出るので、
遅ればせながら春の訪れを体感できるでしょうか。
でも花粉が......今年の花粉って本当に辛いですよねぇ。どうにかなりませんかね。

まぁとにかく、軒下で数日乾かしたことで内側の水分もすっかり乾いた湯たんぽを
二階の収納にしまったら、我が家の冬と春の天秤が少し、春側に傾きました。
冬の完全退去まで、あともう少しです。

  • Facebook
Author : Nao Ogawa