Aug 28,2019

自分ほめ上手

190802nao00.jpg

体調はぐんぐん上向きかと思いきや、子どもの夏休みのあまりの長さに
さすがに疲れがたまり気味の47歳であります。
いつもの家事にくわえて、塾弁当か昼食のどちらかを作らないといけないことと
勉強してもすぐダラけるか、早く終わらせたい一心でテキトーにやるかの娘を
叱咤するエネルギーを創出しなければならない、このシンドさ。

朝ドラ『なつぞら』で、長女を出産後に仕事復帰したなつが、
保育ママを申し出てくれた茜さんのおうちに初めて優ちゃんを預けにいくシーンは
「あぁわたしたちもまさにこんなだった!まるきりこれといっしょだった!」と
涙なしには観られなかったわたしですが、
ドラマを観終わった瞬間から娘に「だからー、はやく塾いきなさいよー!
いつまでダラダラしてんのよー!」と声を張り上げており、
夫に「10年前はさっきのなつだったのに、10年経ったら逆のこと言ってる」
と苦笑いされました。
たしかにそう言われたら、そうね。でもそれが子育てなんでしょ、きっと。

わたしも負けるほどスーパーポジティブ思考の娘の勉強が伸び悩んでいるのは
苦手な問題につまづいたときも
「ま、こっちはできなくてもあっちができてれば、オッケーオッケー♪」と
惚れ惚れするほどあっさり自分を許容し、疑問を掘り下げないのが原因とにらんでいます。
できて当たり前、できなきゃまずいでしょ、という超基礎的な問題でも
全問正解のときは、ドラえもんやだるまさんなどのキャラクターを登場させて
思いきり自分をほめてるし......まぁおもしろいし、精神的なたくましさは感じますが、
たぶん問題解いている時間より、余白に絵を描いている時間の方が長いと思う。

  • Facebook
Author : Nao Ogawa