Mar 23,2015

終わりははじまり

150323nao004.jpg

これは昨日の夕方5時に撮った、現在の我が家の庭。
昼からずっと、冬の間さぼってしまっていた庭の手入れに励んでいたのです。
一見まだ寒々しい風景ですが、木の一本一本に近づいてみると
つぼみが膨らみはじめていて、庭時間が楽しい季節が今年も始まったことがわかります。

今年の梅の見頃は、ちょうど京都にいた時期と重なってしまいました。
写真と反対側にある紅梅はまだ少し花が残っているものの、いつも先に咲く白梅はご覧の通り
ほとんど散ってしまい、でも、その奥に今が盛りと咲いている花がありました。

150323nao002.jpg

杏の花と、水仙です。昨年も、ちょうど今頃、この二つの開花を喜ぶブログを書いていました。
→ BLOG「庭のサプライズ」

150323nao001.jpg

写真を見て気づいたのは、この1年で背が高く、幹も太くなり、咲きっぷりもよくなったこと。
庭師さんによると杏の木はもっともっと大きくなるそうなので、今後の成長が楽しみです。
紅白の梅の木がシンボルツリーというのも渋くていいけれど、杏の木でも可愛いな。

150323nao003.jpg

そして紅梅の下の水仙の影には、今年もピンクのヒヤシンスが姿を現しました。
咲くまでまだ数日かかりそうですが縁側からも見える場所なので、毎日観察しようと思います。

150323nao005.jpg

荒々しいほどに生い茂っていたローズマリーの株も、少し散髪。
昨日はカーテンやクッションカバーも洗って、冬の重い空気を追いやってしまった感じです。

切ったローズマリーの数本を使ってポテトを焼いたりした夕食の途中
メリーゴーランド京都から荷物がどっさり届き、
ギャラリーに展示していた作品や雑貨が家に戻ってきました。
でもお客様が購入されて旅立っていった作品もあるので
片付けは搬入準備よりもずっと簡単でした。芳名帳を見て、
私たちの在廊期間後もたくさんの方が来てくださったことがわかりました。
本当にありがとうございました。

京都展での幸福な余韻に浸りつつも、もう夫は次の制作や展示に向けて動き出し、
私も秋に出す本の取材と執筆がスタートし、娘はあと2週間ちょっとで入学式。
今年もエキサイティングな春となりそうです。
仕事も生活も、庭と同じで、一つ終わったら次がまた始まって、をくり返しながら
止まることなく進んでいきたいと思います。

*BOOKSの『これからの本のかたちを探して』のレビュー、週末の間も追加されています。
ぜひご覧下さい! → BOOKS


  • Facebook
Author : Nao Ogawa