Nov 13,2015

日常ミシン

151113nao001.jpg

週末の小学校バザーのために、昨日は朝から学校で準備に励んでいました。
そういえば先週、準備作業のための諸注意の連絡が来ていたなと、
朝メールをもう一度確認してみると
「最初に教室を拭き掃除しますので、各自雑巾を持参してください」。
わわ、雑巾の予備なんてない!
ウエス(→ BLOG)や古いタオルのまま持っていっても作業しにくいし...と一瞬考えて、
すぐに仕事机の下にあるミシンを取り出し、タオルをガガーッと縫いました。

仕事机のそばにミシンと裁縫箱があると、こういうときに本当に便利です。
着ていこうと思った服のボタンが取れかかっている!なんて場合も
気づくのはたいていその日なので、
いつも机の隅でスタンバイしている裁縫箱をパカッと開いて、ちくちく。
仕事の待ち状態で突然ぽっかり空いた2時間で
娘にプレゼントするエプロンをつくっちゃおう(→ BLOG)なんて発想も
ミシンのセットがすぐできるからこそ浮かぶこと。
でもまぁぞうきんは、手づくりしたところで何の喜びもありませんが(笑)、
ミシンが日常の中にあると、手づくりの世界はもっと気軽で広がりのあるものになる。
それは確かなようです。

追記:昨日の開脚前屈のブログに、バレエ講師の姉からきびしいダメ出しがありました。
開脚前屈の練習はヨガマットの上ではなく、床などすべりやすい場所の方がいいそうです。
顔ではなく胸を床に近づけることを目指しつつ、
まだ固いうちは、開脚しながら「先生!」と手を上げるようにして
上体を斜め前遠くに持っていくようにして、徐々に柔らかくしていきましょう、とのこと。
というわけで昨日から早速ヨガマットなしでの開脚レッスンに切り換えました。
お腹ぺったりが晴れて実現した暁には、ご報告したいと思います。

  • Facebook
Author : Nao Ogawa