Feb 28,2018

リクエスト

180228nao001.jpg

健やかなる食いしんぼうの道を順調に歩んでいる娘。
パンケーキやクッキーなど、つくる作業も楽しいものへのリクエストは
ずいぶん小さいころから積極的に出していましたが(→ BLOG
最近は、単に「食べたい」というだけの(つまり自分がつくる気はまったくない)おかずの
リクエストもさかんに寄せられます。

先日は、学校の給食で食べた肉じゃががおいしかったという理由で
「うちでも肉じゃがをつくって!」と懇願。
肉じゃがねぇ......わたしが、煮たじゃがいもがあまり好きではないので
(カレーやシチューでも自分のお皿にはなるべくよそわない)、
肉じゃがって、わざわざ自分でつくって食べたいとはまず思わないメニューなのです。
それでしばらくはスルーしていたのですが、娘の要請は繰り返され、
たまたま買い物で牛肉の安売りを見つけたこともあり、
「しょうがない、つくるか」となりました。

ほとんどつくったことがないので、本棚にある和食の料理本をちゃんと見て、
じゃがいもの割合を少しでも減らそうと、にんじんを入れたり、しらたきを加えたりと
調整を加えてみたところ、娘が大喜びしただけでなく、夫までが
「うわ、うま! 奈緒ちゃんの肉じゃが、はじめて食べたけど、めちゃうまいじゃん!」と
感動しながら食べてくれました。

子どものころから、おばあちゃんやみーちゃんから「何食べたい?」と聞かれて
好物を答えると、「本当に好きよね」と言いながらいそいそ作ってくれた、
あのときの大人側の気持ちがわかったような気がしました。
うん、料理って、やっぱり喜んでもらえるのが、いちばんうれしいんですよね。

ちなみに、肉じゃがは月曜日のバレエの日のお弁当にも入れたところ大好評でした。
この週一の夜のお弁当を、娘はとにかく楽しみにしていて、
「おにぎりは海苔も巻かない塩むすびでお願い」とか
「暗いところ(移動中の車)でおはしでつかみにくいおかずはやめてね」とか
「みかんは必ず」とかこれまた注文が具体的というか的確というか(笑)。
でもこんなに食べることに真剣だったら、大きくなってどこへ行っても、
きっとちゃんと生きていけるでしょう。

  • Facebook
Author : Nao Ogawa