Feb 12,2019

Bless Our Natural Life

2019welcome_board01.JPG
大阪にお住まいの読者の方からのオーダーで、結婚式のウェルカムボードを制作しました。「これまでの2人の思い出と、これから過ごしていく時間を物語ってくれるようなイラスト」というリクエストでした。

2019welcome_board02.JPG
アウトドアメーカーに勤める27歳の新郎さんは愛用のランタンに火をつけ、ペットのアカハライモリちゃんと遊びながら、毎朝ドリップコーヒーをいただきます。

2019welcome_board03.JPG
26歳の新婦さんはスイスで農業研修を経て、帰国後に農家で本格的な野菜作りを学び、現在はカフェで調理の仕事をしています。テーブルの上には、スイスに興味を持つきっかけとなった『アルプスの少女ハイジ』の原作本が。


2019welcome_board04.JPG
2人の背景には名峰マッターホルンと、ブラウンスイス牛がやさしく見守ってくれます。

2019welcome_board05.JPG
出会ったのは同じ大学の農学部。ドングリをモチーフにした小学生向けの環境教育を一緒に手がけるうちに、心が通じ合ったのだったそう。その時の初々しい純粋な気持ちを忘れないよう、ドングリを青色で表現してみました。

2019welcome_board06.JPG
ドングリの両脇には、愛用の登山靴と思い出のファゴットが。


2019welcome_board07.JPG
こよなく自然を愛するピュアなお2人に捧げた言葉は、「Bless Our Natural Life」です。自然に携わってきた経験や知識が豊富なお2人だからこそ、この言葉が似合うと思ったからです。「Bless Our House」は自分の原点のように大切にしている言葉で、絵を飾り毎日眺めて過ごしているくらい大好きなのです。(→ BLOG)

2019welcome_board08.JPG
「お互いが好きなことを頑張れる。そして美味しいものを作って食べる、そんな夫婦になりたいです」という2人の新婚旅行はマッターホルン。イラストを制作するためにお写真を見せていただくと、2人の笑顔がまるで兄妹のように、とってもよく似ていることに気がつきました。「スイス旅行はブログで紹介されたメルボルン旅行のように、『暮らすように旅する』のが目標です!」と、うれしいお礼のメッセージもいただきました。

ウェルカムボードの制作に向き合う時は、いつも特別な緊張感があります。そして喜んでいただいた時の満足感も、また特別なものです。Bless Our Natural Life! どうぞ、お幸せに。

  • Facebook
Author : Takahiro Koike