Jul 05,2017

次のレベルへ

170705nao002.jpg

2015年夏の終わりからスタートした、わたしの朝ヨガ。
お供のDVDは依然として『ブライアン・ケストのパワーヨガ』(→ BLOG )ですが、
ここ二週間ほどレベル3に挑戦しています。

レベル2を1年以上続けてきて、いまではそのメニューにもすっかり慣れ、
最近はなんだか刺激が足りない気はしていたのですが、
購入したばかりの頃にこわごわのぞいたレベル3のレッスンが
あまりにも上級向けの内容で(当時はとくにそう見えたのです)、
その扉を開けてステップアップしてみようという勇気がなかなか出ませんでした。

ところがある日、てっきりいつものレベル2だと信じてヨガをしていたら
DVDの途中で「わわ、これはレベル3だ!」と気づき
(1、2、3とも最初の数分間はほとんど同じポーズなので)、
とくに体調が悪いという日でもなかったため、試しにそのまま続けてみることに。
すると、難しいポーズはいくつかあるものの、まるきり歯が立たないわけでもなく、
2年間でそれなりに上達したのかも?と、
この勢いでレベル3に入門する決心をかためたのです。

最初の数日はできなかったけど、ちょっとコツを習得したら
(バレエ講師の姉からもらったアドバイスが有効でした)、できるようになったのがこのポーズ。
以前「できるようになった」とブログに書いた賢者のポーズ(→ BLOG)のアレンジ版で
片腕の腕立て状態から、さらに片脚を上げてバランスを取る、というもの。
やってみるとわかるのは、使うのは腕の筋力よりむしろ腹筋で
ちゃんと集中して呼吸が乱れなければ、DVDのキープ時間をクリアできるように。

170705nao003.jpg

このDVDのレベル3のレッスンは、何がハイレベルかというと、
レベル1、2に比べてバランスポーズが多いこと。
この立位のバランスポーズもレッスン後半の難所ですが、実はわたしは昔からけっこう好き。
背や腕や脚などは伸ばしつつ、お腹はきゅっと締めてバランスをとるところに
いかにもヨガらしい気持ちよさが集約されている気がするからでしょうか。

170705nao001.jpg

まだまだ課題山積みなのは、このクロウ(カラス)ポーズ。これまで通ってきたヨガ教室でも、
レッスンの流れでこのポーズの指事が出ると「うへー」と思ってしまう、
そんな苦手ポーズの一つでした。
現在は、このイラスト通りにはできるのですが(でも長時間キープは無理)、
このあと脚を後ろにピョーンと伸ばして腕立てをする、という
アシュタンガ的な流れがあまりに難しく、まだまだ道は険しいようです......

季節のせいもあって、レベル3の50分間をやり終えると、ものすごい汗が出ます。
そのままシャワーを浴びて、それでも朝7時前だと、
理想的な1日のスタートが切れた!とひとりガッツポーズしたくなる気分(笑)。
それでもその数分後には、娘や夫に対して鬼のように怒っている日もあり
なんのための朝ヨガなんだ、というツッコミがどこからか聞こえてきそうですが
それでもやらないよりやったほうが100倍いいはず!と
今日もレベル3にチャレンジする朝を迎えています。

  • Facebook
Author : Nao Ogawa