November 2012 Entry Archive

「かみのかびん」販売スタート
「かみのかびん」販売スタート
「かみのかびん」販売スタート
「かみのかびん」販売スタート
「かみのかびん」販売スタート
「かみのかびん」販売スタート
「かみのかびん」販売スタート
「かみのかびん」販売スタート

SHOPページの雑貨に新しい商品が加わりました。
「栓抜き・よつば」「栓抜き・みつば」が発売当初から多くの反響をいただいた、
プロダクトデザイナー小野里奈さんの和紙を使った作品「かみのかびん」。
小野さんの鮮やかなアイデアと、岐阜県の和紙メーカー・林工芸のたしかな技術が結実したアイテムで
コップやペットボトルなどにかぶせるだけで手軽に和のムードが演出できる、ユニークな花器カバーです。
提灯のような構造で、使うときは上下に引き伸ばし、しまうときは縮めてコンパクトに収納できます。
薄くて軽くて、お値段も¥1,050(送料別)と手頃なので
およばれやお見舞いのときに、シンプルな花とともに贈っても喜ばれる雑貨です。

ご購入のお申し込みはこちらから。→ SHOP

我が家で愛用しながら、この商品に感じている魅力をBLOGに綴っています。
あわせてご覧ください。 → BLOG「かみのかびん」

ミルクジャポン No19 (Winter 2012)
ミルクジャポン No19 (Winter 2012)
ミルクジャポン No19 (Winter 2012)
ミルクジャポン No19 (Winter 2012)
ミルクジャポン No19 (Winter 2012)
ミルクジャポン No19 (Winter 2012)
ミルクジャポン No19 (Winter 2012)
ミルクジャポン No19 (Winter 2012)

11月20日に発売されたミルクジャポン No19 (Winter 2012)
「Milk 1.2.3」というページのイラストを描いています。

数字にまつわるさまざまなデータをイラストで解説するという楽しいページで、
今回はアメリカ、イギリス、ドイツ、韓国、日本のあいさつのしつけについての国別比較です。
各国のあいさつの言葉とともに、その国のご当地スイーツを積み上げたグラフで表現しています。
どら焼き、薬菓、ドーナツ、ショートブレッド、バウムクーヘン... 子どもたちはもちろん、
パパもママも大好きな伝統のお菓子は、どれも美味しそう! 実際に食べながら描きました(笑)。

美しい写真とセンスの良いレイアウトでおしゃれに進化したキッズファッション誌『ミルクジャポン』
暖かそうな子ども服やギフトに良さそうな雑貨やシューズがたくさん掲載されています。
ソファでくつろぎながら、温かい飲みものやお菓子とともに、ページをめくりたい1冊です。


リンネルZAKKA掲載のお知らせ
リンネルZAKKA掲載のお知らせ

11月20日(火)発売の、リンネル特別編集によるMOOK「リンネルZAKKA」
こちらの「お家でお買い物」という特集でTable TalkのSHOPページを取り上げていただきました。
こだわりの雑貨や食材が買えるWebショップの錚々たるラインナップに
まだスタートしたばかりのささやかな我がSHOPを加えていただいています。
「人気BLOGから誕生した雑貨ショップ」という光栄なキャッチとともに
掲載商品1つ1つまで丁寧な解説でご紹介いただき、とても嬉しいです。
こんな機会を与えていただいたからには
今後もっともっと商品を充実させていけるよう、がんばらなくては!ですね。

11月15日発売! Pen 男が惚れる、男たちの肖像
11月15日発売! Pen 男が惚れる、男たちの肖像
11月15日発売! Pen 男が惚れる、男たちの肖像
11月15日発売! Pen 男が惚れる、男たちの肖像
11月15日発売! Pen 男が惚れる、男たちの肖像
11月15日発売! Pen 男が惚れる、男たちの肖像
11月15日発売! Pen 男が惚れる、男たちの肖像

小池がイラストレーターと並行して行っている、ライターの仕事を紹介させていただきます。
Pen 12月1日号「男が惚れる、男たちの肖像」は企画の段階から参加し、
巻頭を飾る佐藤浩市をはじめ、寺島進、仲村トオル、藤本隆宏、武田真治、小薮千豊、
ピーター・バラカンなど錚々たる面々に会い、じっくりとインタビューをしています。

本音で語る彼らの言葉を聞きながら、納得したり、発見したり、考えさせられたり、大笑いしたり......
その道を究めた人たちの嘘のない話は、圧倒的な面白さに加え、ありがたいものでもありました。
普段のインタビューとはひと味違う、彼らの真の言葉を誌面から感じていただけたらうれしいです。
大好きなロックミュージシャン24人についても熱く語っています。本当に読み応えありますよ! 
詳細はこちらでも。 → Pen 12月1日号「男が惚れる、男たちの肖像」

1