Mar 17,2017

くるりを巡るサークル

quruli001.jpg
先日のホワイトデーのサプライズで、奥さんと娘にプレゼントしたくるりのDVDが、とても素晴らしいです。あまりにも演奏が素晴らしいので、原画搬入後のTitle『くるりのこと』を手に入れて、読み始めました。

quruli002.jpg
本編のオーケストラとの共演も感動的な内容なのですが、特典映像1曲目『ランチ』に心奪われました。結成から20年。岸田くんが40になって味と深みがグンと増し、より安定感のある骨太なバンドになっているのです!(ギターソロもいい味が出ていました)いつだって都会的になりすぎることなく、それでいて土臭さはなく、でもローカルで温かみのある佇まいを常にキープしてきた、そんなピュアな立ち位置が僕は好きなんだと、このDVDを観て強く思いました。

quruli003.jpg
『ランチ』という曲はとても短く、これまで何度も聴いているはずなのですが、特に最後の4行の歌詞が身体にスーッと入ってきて、サァーッと映像が浮かびました。きっとシンプルなメロディーにのる余白と含みのある歌詞が、今の自分にすんなりと溶け込んだのでしょう。その途端・・・

quruli004.jpg
「これは、弾かねばっ!」とギターを手にして歌い、娘とともに『ランチ』の練習を始めました。いい曲との出会いは突然で衝動的な方が、心の奥深くに刻まれるものです。

quruli005.jpg
以前、奥さんにプレゼントしたくるりのバンドスコアブック。『ランチ』はメジャー1stアルバム『さよならストレンジャー』の1曲目に収録されています。僕はこのアルバムのこの写真を見るたびに、迷いながらも一歩先に進めるような何とも言えない気分になります。奥さんはフジロックやオールナイトイベントでくるりの演奏を観たことがあるそうですが、僕はまだ一度も観たことがありません。(今年は絶対に観ようと心に決めました)先日のB&Bのイベントでもくるりファンの方がいらっしゃり、2年前に行われた京都のトークイベントでも『尼崎の魚』が好きという方もいらしたりして、くるりを巡るサークルが僕の中でこれまで以上に大きくなりつつあります。


quruli006.jpg
企画から参加した雑誌の特集16Pの原稿を書き終え、毎年行う健康診断を午前中に終えた僕が、爽快な気分で向かった先は市場です。本当に久しぶりに訪れた市場には、春の訪れを感じさせる新鮮な野菜や魚たちがたくさん並んでいました。ヒラメやメカジキ、砂肝に手羽中、LLたまご、菜の花にレタス、ナスにイチゴなど、うれしくなって大量に買い込みました。

春の食材があまりにも清々しいので、週末は娘とギターをひたすら練習して、くるりのBESTカセットテープを作ろうと約束をしました。(DVDを観てさらに好きになってしまった『HOW TO GO』と、奥さんが前から好きな『街』は必ず入れます!)それでは、ロックンロールな週末を。


★現在Titleで『心地よさのありか』フェアとミニ原画展が開催中です。→ Titleトークイベント
来週24日(金)には刊行記念のトークイベントを行います。2人でのトークは初めてですが、互いをインタビューしながら本の話、文章や絵の話、ちょっと気になる話、最近気づいたことなどを、深く掘り下げていく濃い内容になると思いますので、どうぞお楽しみに! 19:30スタートです。
Titleのトークイベントは定員に達したため、予約を締め切らせていただきました。
(ありがとうございました!)

  • Facebook
Author : Takahiro Koike