天然生活「桃の節句の小さなしつらい」
天然生活「桃の節句の小さなしつらい」

『天然生活』2015年3月号で、我が家のひなまつりの祝い方を取材していただきました。
→ BLOG

『家がおしえてくれること』台湾版

『家がおしえてくれること』台湾版が発売となりました。
オリジナルや韓国版にくらべ、可愛らしく親しみやすい雰囲気が新鮮です。→ BLOG

新ページ「BOOKS」開設
新ページ「BOOKS」開設

HP「Table Talk」がスタートして約2年半、新しいページ「BOOKS」がカテゴリーに加わりました。
私たちの著書を読んでくださった読者の方々から日々届く心のこもったメールやお手紙を
これからはこのページを通じてシェアしていきたいと思っています。
私たちからの一方的な発信ではなく、読者の方と一緒につくっていくこのページは
本のご購入前の判断材料にしていただいたり、
読後に他の人のレビューをチェックしながら別の角度から内容を振り返っていただいたりと
これまでにはなかった機能をもつ場所として活用していただければと思います。
感想文は随時追加していきますので、どうぞお楽しみに。 → BOOKS
もちろん、新たな感想文もお待ちしております! 
こちらよりお気軽にお送り下さい。→ CONTACT

最新作品集『sketch』発売!
最新作品集『sketch』発売!
最新作品集『sketch』発売!
最新作品集『sketch』発売!
最新作品集『sketch』発売!
最新作品集『sketch』発売!
最新作品集『sketch』発売!

小川奈緒のエッセイ、小池高弘のイラストによる最新作品集『sketch』が完成しました。
このHPのSHOPページと、つながりのある友人たちの店で販売するほか、全国から取扱い店も募集します。
自分たちがいま純粋につくりたい作品をじっくりつくり、
できるかぎり手渡しに近いかたちで、心をこめて販売していく。
これからの本づくりへの私たちなりの挑戦を、この作品を通じて試みたいと思います。
販売終了後も問い合わせの絶えない『Table Talk』同様、今回も部数限定販売になります。
発売前から多数の予約・注文が寄せられているため、ぜひお早めにお求め下さい!

ご注文はこちらからどうぞ。→ SHOP『sketch』

nid vol.36「わが家の良品」
nid vol.36「わが家の良品」
nid vol.36「わが家の良品」
nid vol.36「わが家の良品」

nid vol.36「わが家の良品」特集で、普段愛用している日用品を取材していただきました。
SHOPページで取り扱っている中田窯のそば猪口鋳物の栓抜きウッドフレームなども
ご紹介させていただいています。→ BLOG

大人のおしゃれ手帖「センスが光る40代50代の家と服」

『大人のおしゃれ手帖』2014年9月号で取材をしていただきました。→ BLOG

LØKKE furnitureのウッドフレーム 販売スタート!
LØKKE furnitureのウッドフレーム 販売スタート!
LØKKE furnitureのウッドフレーム 販売スタート!
LØKKE furnitureのウッドフレーム 販売スタート!
LØKKE furnitureのウッドフレーム 販売スタート!
LØKKE furnitureのウッドフレーム 販売スタート!
LØKKE furnitureのウッドフレーム 販売スタート!
LØKKE furnitureのウッドフレーム 販売スタート!

LØKKE furniture(ルークファニチャー)の木製フレームの販売が始まりました。
フレームは6種類です。→ SHOP

職人が素材を選び、丁寧に仕上げた木製のフレーム。
素材やサイズに合わせて、写真やイラストなど飾り方は自由に選べます。

このフレームを製作したのは、『家がおしえてくれること』に登場する木工職人の石川寛之さん。
2014年にLØKKE furniture(ルークファニチャー)を立ち上げ、さまざまな木工作品を手がけています。

すき間のない継ぎめや、引っかかりのない滑らかな手ざわりは、
良質な木の産地で、木工の盛んな岐阜で暮らす石川さんならでは。
手仕事の素晴らしさが感じられるウッドフレームです。→ BLOG
くわしくはSHOPページをご覧ください。→ SHOP

北欧、暮らしの道具店「コンディションを整える日々の習慣」

人気ネットショップ「北欧、暮らしの道具店」さんで、
私の暮らしかた、これまでのこと、これから目指したいことなどを
「コンディションを整える日々の習慣」という特集にしてご紹介いただきました。
それまで自分では「コンディションを整える」という言葉では意識していませんでしたが
家族全員の心身の状態を優先し、並行して自分の目標に向かってていねいに仕事をする、
そんな日々を送りたいと思っていることはたしかです。
深い取材をしていただいたおかげで私自身たくさんの発見があり、感謝しています。
→ 記事:北欧、暮らしの道具店「コンディションを整える日々の習慣」

思い出の味 北村英治さん
思い出の味 北村英治さん
思い出の味 北村英治さん

『栄養と料理 8月号』の連載「思い出の味」で、ジャズクラリネット奏者の北村英治さんを取材しました。
85歳の現在も毎月のように銀座や大阪のステージに立ち、イギリスのジャズフェスにも出演しています。

ジャズと食べることが大好きで、演奏はもちろん、料理の腕も超一流。
海外ツアーではコテージに泊まり、バンドやスタッフに手料理を振る舞うそう。
海外のミュージシャンに、そばをごちそうするときなど、
冷たい蕎麦と温かい蕎麦で、つゆの味を変えるというキメの細やかさ!
品がよくお話上手なのは、ステージのときとまったく同じでした。→ BLOG

Pen 「アンダーズが東京にやってきた」
Pen 「アンダーズが東京にやってきた」
Pen 「アンダーズが東京にやってきた」
Pen 「アンダーズが東京にやってきた」
Pen 「アンダーズが東京にやってきた」

6月に虎ノ門ヒルズにオープンしたアンダーズ東京を取材しました。
若いスタッフによる新感覚のホテルは、どこを見ても意外な仕掛けが。
和モダンの風情あふれるインテリアや、フロントをなくすという驚きの試みなどに加え、
スパやチャペル、ケーキやパン、ハンバーガーなどのお店もかなり充実しています。
開発が期待される虎ノ門には、街全体に活気がありました。
『pen』の表紙は7月末に公開されるゴジラです! → BLOG

prev 10 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10