Apr 08,2014

Emerson 創刊号

Emerson 創刊号
Emerson 創刊号
Emerson 創刊号

4月8日に雑誌『エマーソン』が創刊されました。表紙は木梨憲武さん。
カラダや趣味を生かした実験がテーマの画期的な特集が組まれています。

コーヒーをおいしく飲むための「最高のいっぷく」と、
ウスターソースを手作りするという「Eの食卓」のイラストを描かせていただきました。

大好きなコーヒーと料理のイラストなので、とてもうれしいです。 → BLOG

Men's Precious 2014 Spring
Men's Precious 2014 Spring
Men's Precious 2014 Spring
Men's Precious 2014 Spring
Men's Precious 2014 Spring

『メンズプレシャス』春号はイタリアの大特集です。
イタリアの文具の素晴らしさとビアンキの自転車について執筆しました。

父から譲ってもらったビアンキは、現在廃盤ですが我が家では現役です。
街乗りにも本格的なサイクリングにも合う、チェレステカラーが気に入っています。 → BLOG

『家がおしえてくれること』好評発売中!
『家がおしえてくれること』好評発売中!
『家がおしえてくれること』好評発売中!
『家がおしえてくれること』好評発売中!
『家がおしえてくれること』好評発売中!
『家がおしえてくれること』好評発売中!
『家がおしえてくれること』好評発売中!
『家がおしえてくれること』好評発売中!

小川が文章と編集、小池がイラストを手掛けた本、『家がおしえてくれること』。
『Table Talk』から約3年ぶりとなる私たちの共著が、とうとう完成しました!
出版社はメディアファクトリー。A5判、160pオールカラー、¥1,500(+税)です。

私たちの家を含める10軒の家を、住み手の職業や住まいへの価値観を通して見つめ、
その人柄と暮らしぶりが伝わるエピソードを織り交ぜながら読みやすいエッセイにしました。
撮影は全編に渡りフォトグラファーの米谷享さん、ブックデザインは矢部綾子さん。
小池が描き下ろした家や住人、手描き図面のイラストページを
章の合間にはさみこんでいます。

10組の家族の家物語の中に、インテリアや家づくり、暮らし方のヒントが見つかる本です。
発売早々からたいへんご好評をいただいています!
書店やネットストア当HPのSHOPページからもご購入いただけます。
→ SHOP『家がおしえてくれること』
→ BLOG

Pen 松任谷正隆さん
Pen 松任谷正隆さん
Pen 松任谷正隆さん

3月15日発売のPenで、松任谷正隆さんをインタビューしました。
子どもの頃から"モノフェチ"だったという松任谷さんは、
初めてお小遣いを貯めて買ったのが万年筆でした。

今でも尊敬する先輩に手紙を書くときや、結婚式の証人としてサインを書くときなど
大事な瞬間には、いつも万年筆を愛用しているそうです。→ BLOG

栄養と料理 4月号 思い出の味
栄養と料理 4月号 思い出の味
栄養と料理 4月号 思い出の味

好評連載中の「思い出の味」第4回は、西麻布の日本料理店「分とく山」総料理長、野崎洋光さんです。
大家族の農家で生まれ育った野﨑さんは、毎朝鉄なべで母が仕込むお味噌汁の香りとともに目覚めたそう。

子どもの頃の食の経験が、そのまま現在の仕事に繋がっている野﨑さん。
食の記憶というものは、その後の人生に多大な影響を与えるものだと実感しました。 → BLOG

NIAGARA HOUSE LOOK BOOK
NIAGARA HOUSE LOOK BOOK
NIAGARA HOUSE LOOK BOOK
NIAGARA HOUSE LOOK BOOK
NIAGARA HOUSE LOOK BOOK

名古屋にあるセレクトショップ「ナイアガラハウス」のルックブックが届きました。
僕はMen's,Women's,Goodsのイラストを、忠実かつたっぷりと描かせていただいています。
入荷する27の春物アイテムには、店主寺澤さんの並々ならぬ愛着が。→ BLOG

毎日更新される寺澤さんのBLOGにも、センスの良さが感じられます。→ NIAGARA HOUSE
僕の実家のすぐそばに、こんな素敵なお店があるのは、ちょっとした自慢です。

Pen 東京の楽しみ方、教えます。
Pen 東京の楽しみ方、教えます。
Pen 東京の楽しみ方、教えます。
Pen 東京の楽しみ方、教えます。
Pen 東京の楽しみ方、教えます。

2月15日発売の『Pen』は東京特集です。
写真ギャラリー8軒(左)と古書店6軒(右)を取材しました。
企画から参加させていただき、ギャラリーの案内人はお世話になっている柿島貴志さんに、
古書店は、いつか必ず自分の文章で表現したかった「流浪堂」の二見さんに登場していただきました。

すべてのギャラリーとお店を取材して感じたのは、
みなさんパワーに満ち溢れた、とてもいい表情をしているということ。
自分の想いを形にしている人は、やっぱり強いなと思いました。 → BLOG

『&Premium』「ライフスタイルの教科書 2014」
『&Premium』「ライフスタイルの教科書 2014」

『&Premium』(マガジンハウス)の創刊第2号「ライフスタイルの教科書 2014」という特集で
我が家を掲載していただきました。「縁側が暮らしの中心」というキャッチつきで
4Pに渡りご紹介いただいています。 → BLOG

栄養と料理 1月号「思い出の味」
栄養と料理 1月号「思い出の味」
栄養と料理 1月号「思い出の味」

「思い出の味」という新しいインタビュー連載が、今月から始まりました。
1回目は近茶料理の宗家で料理教室を主宰する柳原一成さんです。
幼い頃から今も冬になると必ず味わうという「鶏のたたきなべ」を紹介していただきました。

おいしく食べるコツは、鶏の胸肉を包丁でたたくこと。
ひき肉よりも、味がよくしみ込んで、口当たりもよかったです。

手軽で簡単。しかもお酒とご飯がすすむこの鍋は、我が家でも定番になりそうです。→ BLOG

『クーヨン』2014年1月号
『クーヨン』2014年1月号
『クーヨン』2014年1月号
『クーヨン』2014年1月号
『クーヨン』2014年1月号

クレヨンハウスが発行する育児雑誌『クーヨン』の2014年1月号で、私たち家族を取材していただきました。
表紙と、「のびのびかぞく」という連載にロングインタビューが掲載されています。
『家がおしえてくれること』の制作秘話から、普段の家族の関係まで、
じっくりと深く、それでいてさらりと読みやすい記事にまとめていただいています。→ BLOG

prev 10 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10